カテゴリ:かよう心( 2 )

6月に入ったある日

この日も素晴らしい天気!

今日は20数年来の友人が訪ねて来ました。
彼女は生粋の江戸っ子で、チャキチャキした中にも温かいハートの持ち主。
こんな日は湘南ドライブで、もてなそうと葉山から秋谷へ。
風もかなり軽くなってきて夏の気配が感じられる。
真っ青な空は海との境界線が無いように感じられるほど。
途中、その昔インド料理のアップーガルだったお店が今イタリアンの「南葉亭」
に成っていたので、ここで遅いランチを戴くことに。
二階のベランダでの食事は景色も料理の一部と言わんばかりの素晴らしいロケーション。
次は高見から海を観ようと湘南国際村に向う。
f0122681_195194.jpg

ここは風が強くて有名だが、当日の風は何とも心地よい。

5時間近くのドライブを終え自宅へ戻ると、彼女手作りの「切干大根の煮物」と
「八宝マリネ」(8種類の野菜が入っているところから私が名付けました)は
夕食時、酒のアテに取って置き、根岸「岡埜栄泉」の大福をいただく事に。
f0122681_1961484.jpg

以前から「私は岡埜栄泉の豆大福が好き」と言ってたので当日朝、彼女が急遽買出しに
走ったにもかかわらず当の豆大福は売り切れだったとか。
それでもこの「江戸ごま大福」。人情と共に充分満足でした。
by sammy-mola-art | 2010-06-03 19:09 | かよう心

根津 はん亭

江戸情緒が残る文京区は根津界隈
道路も整備され、あの頃とは大分変わってしまった。
しかし、この建物だけは少しを除いて昔のまま。

f0122681_23223948.jpg


根津 はん亭

f0122681_2325858.jpg


この店に初めて訪れたのは何年前だっただろう。
今、テーブルをはさんで前にいる女性と一緒に。
あの頃二人は自分達の将来についていろいろ話し合ったものだった。

そして今日、そんな彼女の53回目の誕生日。
男女一人づつをもうけ、お姉ちゃんは社会人二年生。弟はこれから大学院に進もうとしている。
今日まで二人を愛情を持って立派に育て上げた。
家庭を大事にする良妻賢母。

辛い事が有った時 心が冷え切った時も、電話から聞こえてくる声で励まされた。
それは二人も一緒。

夕暮れ時が迫って来る頃、ひとしきり話してさよならした。

僕は家路に着くため電車に乗り込む。
車窓を見ながら思う。
今頃彼女は、愛する家族のために食材と会話しているのだろうな。  なんて。
by sammy-mola-art | 2009-09-26 00:03 | かよう心