カテゴリ:未分類( 16 )

平成23年もとっくに明け・・・。

昨年は11月にドバイ、モロッコ旅行に行ってからというもの、mahoちゃん
トモちゃんと「関西喰いだおれツアー二泊三日」から始まり、二件の忘年会を挟み
叔父の三回忌ついでに「東北喰いだおれの旅」、クリスマス食事会。
そして恒例の「満天大晦日年越し宴会」と怒涛の年末。
f0122681_19931100.jpg

「満天大晦日年越し宴会」カウンターの中には三浦大将と前田君の
ぽっちゃりブラザース(^^;
私と同行した整体師のK子さんは皆の診療を始める始末。
あたしゃ銭払って診てもらっているのに!
このK子さん聞くところ逗子a day 松尾さんと高校時代の同級生とか。
世の中狭いですな~。
当日はナミさん、アライさん、吉田さんご夫妻、mahoちゃん、トモちゃん、
やまじゅん、タカハシちゃん、ミホちゃん、釣り師ナカヤマさん、ヤマさん、
そしてK子さんと私と満天ブラザースの総勢15名の大宴会!
何たって当日のサプライズはmahoちゃんのモヒカン刈りかな!?
今回は昨年と違い大いに盛り上がった「満天大晦日年越し宴会」でした。

今年の私は、二年ほど続いた厄年から脱出の兆しのみえる「躍動運」の年とか。
先日も鎌倉は鶴岡八幡宮に参拝し、古いお札を納め今年のお札を手に入れました。
当日はウィークデーの小春日和で、遅めの昼食の前にチョイと一杯。
サンデー毎日の特権とでもいいましょうか、こう云うのが嬉しい。
その後は鎌倉裏駅近くのロンディーノのケーキセットで締め。
命日の供養や参拝を済ませた後は、何となくホッとし、心も軽くなる。

今月は二件の新年会の幹事をやらなくてはならない。
デザイナーやコピーライターを生業としていた連中は、いまだに自我が強い人が多い。
特にオヤジになるとそれに、わがままがプラスされる。
それを考えると、せっかく軽くなった心もどこえやら。
by sammy-mola-art | 2011-01-13 19:10

今年の夏はまだまだ続くのです!

9月に入ったと云うのに灼熱地獄の毎日。
だからなのでしょうか!?
暑さを忘れる為の呑み会やイベントてんこ盛り。

9/1は「夏ちゃん誕生会」と題し横須賀の焼肉名店にて9名で大宴会。
喰った!喰った!お店のメニュー全部食べ倒しました。
それでも足りず、お店のママさんに「裏メニュー」無いの?
と聞いたところ「全部出した」と言われました(^^;
腹が満杯に成ったところでお約束のカラオケ「シダックス」へ。
歌って踊って?午前様に・・・・・。
何で身体に良くない事って、こうも楽しんだろう?

9/4は湘南ビーチFMのJazz by the See Live
この日は結構雑用が有り、時間刻みでこなし、いざ出陣!
同伴のmihoちゃんも同じように一日中忙しかったらしく19:30開演から
終了の20:00過ぎまで二人とも飯抜き(^^;
それじゃーってな事で、現場にて流動食をグイーッ!
当日はドラムの村上“ポンタ”秀一とボーカルのshihoちゃんが共演!
葉山マリーナのキャプテンズルームは音が今一でしたが楽しさ満点のLive。
ただ唯一面白くない事が。
mihoちゃんのとなりの夫婦の旦那が「静かに聴け!」などと二度も
クレームをかましてきた。
静かに聴かなくてはいけないLiveとは違い「観客が演奏者のノリを誘うが
ごとく盛り上げる」そういう事が分かっていない!
一度目は分からなかったけれど、二度目には腹が立って「面白くない奴だな!」
と言ってしまった。
しかし、その後も我々mihoちゃん、玉ちゃん夫妻とで大盛り上がり!
他の観客面々も大盛り上がりのLiveでした。
あ~明日のMYOC焼そば隊で倒れないかな~?

それにしてもshihoちゃん恐るべし!グルーブ感抜群!

9/5 MYOC(諸磯ヨットオーナーズクラブ)夏祭りレース
昨日の生き生きとした自分はどこへ行ったやら~?
う~ん前途多難な一日!
なにせ猛暑の中、足元のコンクリートの照り返し、鉄板から発せられる
鬼の様な熱波、いやおう無しに照りつけるおてんとう様!
今日の私にとって、三拍子揃った嬉しくないファクター!
しかし男にとって、やらなければいけない事もあるのだ。

われわれ模擬店担当者は9時集合。
f0122681_1747123.jpg

f0122681_17475262.jpg


材料のキャベツ切りから始まりバラ肉切りの“下ごしらえ“や、スムーズな
盛り付けの為のレイアウトなどを行う。
もうこの時点でもうクラ~ッ!

我がモラモラ焼そば隊は、与えられたソース味だけでは満足できず
常に独自の道を歩むのです。かっちょいいー!
塩味ベースの食べるラー油乗せ、オイスターソース味の上海風焼そば、
ニンニクとごま油のあっさり味など等。
「こんな事やってっから余計疲れる!」と思われますが、リズムを変える事
に因って単純作業から開放され、少しは楽しく出来るのです!

開幕と同時にゲストがわんさか。
一番人気はやはり寿し!
f0122681_1748563.jpg

あとはどうなれ山となれー!
f0122681_17494333.jpg


小休止のとき癒してくれるのがモラモラのマスコットのヒナちゃん。
尾崎君の愛娘です。
f0122681_17503461.jpg

アレッ!?息子のケンジは何処行った!?と思ったら・・・居ました。
「流しそうめん」に一人ちゃっかりと(^^;
f0122681_1751562.jpg


これは、毎年MYOCの面々が揃って企画を練り家族やゲストの
ために行う手作りの祭りです。
f0122681_17525280.jpg

f0122681_17533076.jpg

大手のヨットハーバーと違い、大家族によるアットホームな海の祭りの様です。
MYOCよ永遠なれ!
by sammy-mola-art | 2010-09-10 18:00

今年の夏は

「今年の夏は静かに過ぎていくだろう」とスケッチブックや絵の具などの
道具を購入し、ジャン・フィリップ・デローム風の絵をものにしようと
目論んでいたのだが、とんでもなかった!

何しろ色々な人との出会いや、普段何気なく接していた人との密な親交
が始まったり、それに付随して催しやLive、クルージング、食事会などが
めじろ押し。
当のスケッチブックは白紙のまま。
しかし精神的に充実しているせいか、この酷暑でさえも余り疲れを感じない。

恒例のモラモラBBQ大会で友人と連れ立ってこられた日本料理店の御曹司から
「八海山と和食懐石の会」の案内を戴きk子さんと行く事に。
引き続き2週間後、インポーターを招いての「スペインワインと和食の会」
当日k子さんはキリッと髪をアップにまとめ涼しげな浴衣姿で登場!
夏のくだけた和食の会にはとても似合っていた。
前菜
f0122681_12411970.jpg

腕もの
f0122681_1242188.jpg

お造り
f0122681_12425116.jpg

焼き物
f0122681_124342100.jpg

煮物
f0122681_12441989.jpg

ご飯
f0122681_12452219.jpg



スペインワインは白、赤、軽いものからボディーの有るものまで食べる物に
合わせて振舞ってくれる。
今回の小懐石に合わせてのセレクトと思うが和食にワインもいいものだ。
3日前に行った鎌倉は「招山由比ヶ浜」での三上寛と尺八のLiveの話に花が咲く。
次は逗子「満天の食とワインの会」をやりたいと考えている。
三浦大将よろしく!

今年の「逗子海岸花火大会」も圧巻でした。
海の目の前にある近藤邸は一番鎌倉寄りに成るのだが海岸が湾曲しているため
森戸の花火も見えるのだ!
f0122681_12462466.jpg

f0122681_12465319.jpg

f0122681_12472392.jpg

f0122681_1248227.jpg

当日は私も浴衣姿で荷物が有った為に携帯カメラでの撮影。
撮った写真はまるでマンション前の外灯がショートしたみたいに成っちゃった(^^;
でも、これはこれで一興かな?

今夏は例年になく、よく船に乗る。
ただ湿度が異常に高く海上から見る江ノ島や大島は霞んで見えたが、28日当日の
セーリングは今夏最高!
カラッとした風で昼間でも富士山がくっきり観えた。
f0122681_12493740.jpg


諸磯サンセットでもこの通り。
by sammy-mola-art | 2010-09-03 12:56

「冷たいトマトのラーメン」

先日「今夜は家メシ!」と決め、食材と会話しつつ決めよ~!と
わが町のヨーカドー食品売り場へ。
何の気なしに麺コーナーを覗くと、オッ!こっこれは!!
今までのラーメンの常識を覆すようなエポックメーキングな商品が!
その名も「冷たいトマトのラーメン」
f0122681_15434833.jpg

今までは温かいトマトラーメンは食べた事が有りますが、これは冷やして
食すのです。
袋の中身はこれだけ。いたって簡単なのです。
お忙しい主婦の方も、面倒くさがり独り身男性も大丈夫!
f0122681_15443956.jpg

しかし「味はどうなんかな~?」と思いつつ食したところ、いけました。
「ご自宅の味を」とお思いの方はこれにフレッシュトマトのざく切りや
フレッシュバジルやオリーブオイルを加えたり。
妊娠中の酸味の欲しい方はバルサミコを加えるのも良いかも知れません。
私はこれに無印の「ガスパチョ」を入れると良いかな、など等。

私は腹が空いていたのでメンはあっという間に完食。
これに「替え玉でも有れば?」と思った瞬間「バゲットをこのスープに
浸して食べてもよいよい」と思いました。
要はアイディア次第と云う事ですか。

今度、食のアフリエイトでもやろーかな~。
by sammy-mola-art | 2010-07-26 15:49

YOKOHAMA SOUL

この横文字からして音楽なのかと思いきや、そうでは有りませんでした。
「AFUCO」という美容系の会社が毎年主催しているセミナー。
友人からのお誘いで出席する事になったのですが、今年は「坂本龍馬と妻おりょうの
生き方から学ぶビジョンセミナー」と銘打ち「ビジョンに向かい続ける意志から生まれる
大事なもの」をテーマに2名の講師の方に語ってもらうと云うものでした。
当初「どうせ、龍馬ブームにあやかったもので大した事はないだろう!会場が横浜市開港
記念館という事もあり比較的近いので、まぁーいいか」てな感じでした。
f0122681_22454977.jpg


ところがどっこい2名の講師の方々の話は非常に興味深く、我を忘れて聞き入りました。
最初の講師は、横浜に代々続く高級料亭「田中屋」の五代目女将「平塚あけみ」さん。
田中屋とおりょうの繋がりは、龍馬の暗殺後途方にくれていたおりょうが勝海舟を頼り、
海舟の口利きで神奈川宿の田中屋に仲居として働いていたと伝えられている。
当時は30~40も有った神奈川宿の割烹。現存し営業を続けているのは田中屋のみで
生きながらえた一つの要因として、先人の知恵も有ったのだが一つには、
おりょうの存在が欠かせなかったという。
田中屋に残っている沢山の写真や資料をもとに語る女将は気さくであるが、
凛とした風情を漂わせている。
f0122681_2247375.jpg

そして「我を忘れて聞き入った」とは次の講師「高知県立坂本龍馬記念館
館長 森健志郎さんの話だろう。
藩のなかは「上士と下士」というものが存在していたのはご存知と思うが、上士は今でいう
国(藩)がひとり一人を管理していて、その足跡をたどる事により、大まかな人物像を
知る事が出来るのであるが、下士の場合は“それ”が無く、知る由もない。
「龍馬がいく」」を書いた司馬遼太郎も膨大な資料を読み漁りはしたものの、
幼少から青年期のはっきり龍馬像を伺い知ることは出来なかったという。
ただ龍馬は非常に“筆まめ”であるらしく、現存する龍馬直筆の書簡は139通確認されている。
その内容から彼の人柄が如実に表れているという。
どんな簡単な文章、例えば日々記録する最近のブログであれ何であれ「書は人なり」
「文は人なり」とその人物の育ちや考えを方を如実に表わすものであろう。
公文書では知る事が出来なかった28歳までの龍馬が文久二年三月、
土佐を脱藩して以来初めて書いた姉乙女への書簡は、海軍を結成すると云う
勝海舟の弟子になり希望が叶えられた喜びをのびのびと語っている。
この様に龍馬は普通の武士(男)が、事実あった事柄だけを書き記すのではなく、
日々の暮らしぶりや考え方を具体的に分かりやすく伝えるという特徴があるという。
勉強ぎらいであった龍馬は本を渡されても表紙を見るだけで「もう分かった」と返したという。
ただ直感や感性に非常に優れていたらしい。(本当は埋もれていた知性が有るのでしょう)
ここまで世の中や人を動かし、歴史上に名を残す人物と成った所以は何だろうか?
どのようにして坂本龍馬という人間が形成されたのであろうか。
下士という身分の低い武家に生まれ育つが比較的恵まれた暮らしと、何よりも
開けれていて愛情豊かな家族に因るものであろう。
森さんが云うに実際はIQに勝るEQである。
人を動かすとはこれではなかろうかと。
by sammy-mola-art | 2010-07-02 22:57

新緑の舞岡公園

昨日29日は連休の初日。
風は強いものの良い天気に恵まれ、絶好のウォーキング日和。
公園の入口横から森の中へ分け入ると木漏れ日が、いやがおうにも
気分を盛り上げてくれます。

この頃の新緑は一番きれいです。
春の陽射しを浴びて謳っているかのよう。
f0122681_14263676.jpg

今は家を一歩出ると路面はアスファルト。
生活をする面では良いのですがどうしても膝や腰、足首を痛めてしまいます。
しかし、この土の道は弾力が有りフカフカしていて、なんとも優しい。
f0122681_1427319.jpg

この道を抜けると池がそこかしこにあります。
陽を浴びた水面がキラキラ輝いていて、水をいとおしく感じられる季節に入った事
を感じずにはいられない。
f0122681_14283458.jpg

此処には水が多く流れている湿地帯もあり、ちょっとした尾瀬の雰囲気も味わえます。
f0122681_14293125.jpg


公園内には明治時代の古民家もあり、そこを目指して歩いていると森に囲まれた
小さな沼があります。
ここにも春の息吹が濃く感じられる。
一ヶ月弱前の風景。
f0122681_14303579.jpg

今日この日はこんなにも緑が濃くなっていました。
f0122681_14312324.jpg


一つのエリア内にあるこの古民家は市とが管理していて、田植えから米の
収穫まで行います。もちろん自然の有機農法です。
f0122681_14321339.jpg

ここにいた管理人のオジサンを捕まえ古民家談義を縁側に腰掛け披露していただく。
と云うのは、民家に入った際いぶした匂いが強烈に鼻をついたからでした。
f0122681_1432567.jpg

f0122681_14332637.jpg

ここでは毎日土間や囲炉裏に薪をくべ、家中に煙をまわす。
これにはちゃんとした訳があるらしい。
藁葺き屋根の藁の中に白く柔らかい部分が有るのだが、藁に付く虫がこれを食い漁る。
そうならないように毎日決まっていぶさないと大変な事に!
以前この様な民家を保存しようとした団体があり、冬の間石油ストーブを使用
していたのだが、二年間で畳が藁に付く虫のフンで真っ白になったそうな。
当然、件の藁葺き屋根も葺き替えなくてはいけなく成ったそうです。
そしてまたビックリ!オジサン曰くこの母屋の屋根の葺き替えに一軒家を建てるのと
同じ費用が掛かるらしい。何と、うん千万円!
「市が持ってるから維持できるんだよ!ハッハッハ!」とオジサン(^^;
何でもそうかもしれない「買うは易し、されど維持はがたし」ってとこですか。

f0122681_14342031.jpg

ここのエリア内の売店で竹墨を購入¥300円也。
デッサンにもいいらしく細めの物を選びました。米を炊く時や冷蔵庫の
脱臭剤にも使えます。

f0122681_1435139.jpg

ここでちゃんと焼いてます。

楽しく勉強にもなるオジサンの話を聞き終え帰路につく事に。
坂を登りつめると“ここ”に辿り着く。
f0122681_1436380.jpg


私の大好きな丘が待っていてくれる。
自然と顔がほころんでくる。
by sammy-mola-art | 2010-04-30 14:41

ブログ更新怠ってます。(^^;

このところブログの更新を怠り、関係者よりお叱りの言葉を頂戴するはめに。
実のところ使用中のプロバイダーに対し、連続的且つ長時間にわたり大量のデータをや
り取りするソフトウェアからの通信により、通信速度を著しく低下させる状況が発生。
一部の使用者により通信を占有されてしまう状況となっています。
それに輪をかけ、我が家の無線LANもいう事を聞かず状態なのです。

個人的にも結構いろいろなイベントが有ったのですが・・・。
どうもエンジンか駆らず。すんません。
そう言っちゃー何ですが、この一ヶ月弱のあいだにあった事を、ざっとしたためますので
お許しを。
by sammy-mola-art | 2010-03-23 22:51

おかたづけ

今日は昼から雨との事で、今朝も6時に起きてウォーキング。
空はどんより曇っていて北東の冷たい風が吹いていたけど、気分は良い。

一時間弱のウォーキングなのだが朝食を摂った後必ず眠くなる。
いつもだったら「ちょっと身体を横にして~」と成るのだが、この10日ばかりは
そうはいっていられないのだ。
ある人の引越し荷物がドーンと届くので8帖の部屋そっくり空けなくては成らない!

10日前から始めたのはよいが、何でこんなに要らない物を取ってあるのか
自分でも不思議でならない。
今日で45ℓのポリ袋25個分は処理したがまだ出てくるのだ!
押入れの布団も粗大ゴミで12枚処理した。
ほとんどがオフクロの財産?昔の人は物を捨てないのです。

「引っ越して来た時から家もだいぶ地盤沈下しただろうな~」などと、つまらん事など
考えながらやっている。

そんななか思わぬ発見もある。
オフクロが大事に取って置いたのだろう。箱の中に有った昔のなつかしい写真や、
私が就職した当事「もらったよー!」と渡した給与やボーナス明細など。

「こんなものまで!」と思いながらも、ほんわか心が温かい。
by sammy-mola-art | 2009-11-13 12:17

散策ウォーキング

ウォーキングも週間に成りつつある。
ここ舞岡自然公園は行くたびに表情を変え新しい発見もある。

林の中から見上げる空は高く吸い込まれそうだ。
f0122681_9442687.jpg

何日か寒い日もあったけど、木々は未だに色づいてはいない。

何か木の古い扉を開けたり閉めたりした時に出るギシギシという音がする。
立ち止まって目を凝らすと、リスが頭上で鳴いている声だった。
生まれて初めて聞いたリスの声、もっと可愛いのかな?と思っていたが。

そして今日の大発見は森の可愛いハンターカワセミです。
頭がブルーで身体がオレンジ色、可愛い!
f0122681_9551973.jpg

沼の真ん中に出ている枝に止まり幾度も水中に突進していく。
観ていて愉快でならない。
やっぱり一眼レフカメラが欲しくなる。

この公園にはこんな所も有った。
わらぶき屋根の民家を保存している施設だ。
時間が早いのでやってはいなかったけど近いうちに訪問予定に入れる。
f0122681_1043782.jpg

f0122681_1051633.jpg

そこを後にして歩いていると路傍の石?が。
その真ん中に詩の一文が彫ってあった。
f0122681_1012185.jpg

何かとても心に残る詩であったので、ここに記るす事にする。

ただひとつのために生き
ただひとつのために
かれてゆく草よ
そんなふうに生きても
おまえは誰も
傷つけなかった

富弘
by sammy-mola-art | 2009-11-06 10:22

ユージニア A. ブーゴ 展

芸術の秋なのかこう云ったお誘いがよく来る。
今回「ユージニア A. ブーゴ」というスイス人女性アーティストによる展示会が
スイス大使館の中で行われた。
f0122681_9585947.jpg

レセプションのご案内状をくれた勝田麻衣子さんは明治・大正時代を代表する
日本画家「伊藤深水」の孫にあたり「朝丘雪路」を叔母に持つ人。
その辺りのDNAがこう云った仕事をさせているのだろうか?
f0122681_1002628.jpg

ユージニア A. ブーゴその人の作品、結構気に入ってしまった。
モチーフは全て花(花弁)なのだけれど、ありがちな「きれいに描く」と云うのとは対照的
で、迫って来て飲み込まれるような迫力を感じ作者の精神性を強く感じる。

モチーフは全く別なのだが、私の好きな哲学者で画家でもあるフランシス・ベーコンの
タッチや色合いにどこか似ていた。
ベーコンそのものの絵は精神性を深く掘り下げたもので”グロティスク”といえない事も
ないが何故か惹かれるものを持っている。
f0122681_10241998.jpg

今回、気に入らない点が有るとしたらこの場を借りて名刺交換をしている人達だ。
ここに写っているカリスマバイヤーで名を馳せた藤巻氏もその一人かも知れないが
それはまるで「異業種交流」の場と化している事だ。

当の御本人ユージニア A. ブーゴさんはその辺りをどう感じているのだろう?
by sammy-mola-art | 2009-11-05 10:38