港町「淡水」へ

MRTの士林駅から淡水線でそのまま終点「淡水」へ。
淡水は淡水河の河口に開けた港町で台北市民の行楽スポットにも成っている。
MRT(地下鉄)といっても結構地上を走っているので車窓から眺める景色も楽しい。
淡水駅に着いてビックリ!レトロモダンと云っていいのでしょうか!?
高架に成った駅舎の屋根は中国風。それも長い!
f0122681_1814249.jpg



f0122681_17572448.jpg


駅舎の色はレンガ造りだったので、昨年行ったモロッコ建築の色合いにそっくり。
駅からの道は、海沿いの道と商店街の道があったのですが、まずはピーチューと
いうことで商店街へ。
f0122681_17581279.jpg

ここで「ウズラの茹でタマゴを串に刺して溶き卵をかぶせて焼いた」のを食べたら
旨くて火が付いちゃった。
先輩は「OH―!イカ焼き」と“それを”所望。
f0122681_17585846.jpg

丸まらないように何本か切れ目が入っていて結構ていねいに焼いてくれる。
「こういう場面ではこれが本道よ!」とかぶりついたけど顔をしかめて「何でしょうゆ
だけで焼かないの!」と怒る。
ちょいと食べてみて解った。色んな中華調味料がMIXされたタレでイカ本来の味が
損なわれちゃってる。やはり日本人。
私は向かいの店で「焼きギンナン」を購入。これシンプルでいい!
f0122681_17595089.jpg

となりで先輩が「そんなに食べたら鼻血でちゃうよ!」だって。

小腹も満たされたので観光名所も行かねばで「紅毛城」へ。
1600年代にスペイン人が建造した要塞だけど、その後オランダ人1800年代には
英国領事館になった。
f0122681_1804934.jpg

小高い丘の上にあって見晴らしがいい。
f0122681_1813335.jpg

入口で入館料を払う際、若い女性に流暢な日本語で話しかけられた。
それもそのはず“この方”日本人で、台湾人のご主人が居り彼女自身は日本語教師を
していて、傍らには彼の父親という人がニコニコ顔で満足そうに私達の話を聴いている。
親父さん自身、日本語は多少理解出来るらしく「いいお嫁さんだよ」と言い。
彼女も「本当にやさしいお父さん」と言っていた。
なんかこっちも嬉しく成っちゃった。
そしたら彼女が「なにやら楽しそうなお二人ですねー」と。
先輩と「ハイ!お互いバカやってます」
f0122681_1822629.jpg

この「紅毛城」の敷地内は完璧に手入れがされている。
長崎のオランダ商街もそうであったように造りからなる雰囲気は同じだけれど
こちらの方が異国情緒が濃く残っている。
f0122681_1831586.jpg


港町というのはいいね~。
入り組んだ坂道がそこ此処にあって、古いレンガ造りの西洋建築がぽつんと
その中に建っている。
f0122681_1841767.jpg

f0122681_1844593.jpg

f0122681_1851610.jpg


こうやって淡水の街を歩いていると時間が戻ったみたいだった。
河の際には木のデッキが歩道になっている。
この中正路を歩いて行くと、築100年になろうかという歴史的建造物「紅楼」がある。
中正路から長い石段を登るのだが、かなりキツイ!
登り終えるとクラシックな洋館が目の前に現われる。
f0122681_186758.jpg


現在はこの建物をかりてレストランやカフエがあり3Fのテラスから観る夕日が
淡水一らしい。
f0122681_187627.jpg

いい眺めでしょー!
f0122681_1873877.jpg

歩き疲れたのでカフェで、冷えたジントニックを一杯。
f0122681_1882994.jpg


さて、ここからは古い町並みが残る淡水老街を歩く。
f0122681_1892894.jpg

こう云った古い街を歩くと必ず何かしらの廟がある。
庶民と一体なのだろう。
この人、日々の煩悩を悔い改めているのかな?(^^
f0122681_18103125.jpg


老街を歩いて行くと段々新しい建物が目に付き若い男女も目立つようになる。
もう直ぐ淡水駅なのだろう。
f0122681_18112854.jpg


今日も本当よく歩きました。
台北に戻ったらホテルに直行しシャワーを浴びて、今夜は台湾料理で有名な
「青葉」で食事です。

つづく
by sammy-mola-art | 2011-05-30 18:20 | 仲間
<< 柳橋フレンチ・ランチ 春の台湾縦断 オジサン達の気まま旅 >>